読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張落語サービス【かし亭】

出張落語・寄席、落語家へのお仕事依頼をご希望なら【かし亭】にお任せください。

地方での落語会を気軽にネットで依頼すべき3つの理由

個人で落語会が開催できる時代に!

f:id:Cass_9999:20170402222655p:plain

インターネットで落語会の依頼ができちゃう便利な時代になったものです。この記事では、地方での落語会をネット依頼すべき3つの理由を紹介します。

我々【かし亭】も落語の出前、出張落語サービスを提供しておりますので、気軽にお問い合わせください。

お見積り/お申込みはコチラ>

 

この記事の目次

1. 大都市の寄席へ行くより安上がりで開催できる

例えば10人~100人規模の会合があるとしましょう。メンバー全員で寄席ツアーへ行こうとすると、、、

  • 交通費:往復 2,3万円×人数
  • 食事代:1,2万円×人数
  • 宿泊代:1泊 1,2万円×人数
  • 落語会費用:2,3千円×人数

数十万円~数百万円レベルで費用がかかります。
1人あたりで数万円はかかっちゃう。

一方、時間やどの落語家を呼ぶのかにもよりますが、地方に噺家に来てもらおうとすると、、、

  • 出演料:数万円~×噺家の人数 (応相談)
  • あごあし代(交通費+昼食代):交通機関など応相談、落語家のスケジュール次第では必要ないことも
  • (どうしても帰れない場合)宿泊代:応相談

ということで、数万円~で開催できちゃうんですよね。
これを開催したい会合の人数で割る。すると、仮に10人のグループだと1人あたり数千円
100人のグループだと、なんと1人あたり数百円で開催できちゃうんです。

浮かせた費用で美味しいものをみんなで食べたり、選択肢が広がります。大きなメリットですよね。

2. 噺家たちは落語を広めたがっている!

f:id:Cass_9999:20170226103442p:plain

噺家たちの、地方進出のモチベーションは非常に高いです。
なぜなら、ネットですぐに繋がり会える今だからこそ、地方との心理的距離が縮まっているからです。もはや都会でのみ一流の文化が存在する、という時代ではありません。
むしろ、まだまだ伸びしろのある地方への開拓心が旺盛な落語家が多いです。 

落語家の中には、地方活性化に落語を活用したい、という大々的な野望を持つ方もいます。何より、落語を広めねばという使命感から、気軽に落語を聞かせたい、落語を広めたい、というモチベーションがかつてなく高まっているのです。

ポイントは、落語家にもモチベーションがあり、地方にも簡単に落語会の依頼ができるネットというツールがあるということ。どちらにもメリットがあるwin-winの関係ですね。

3. ネットなので1度切りの関係でもOK!しがらみがない

これまでの落語会の依頼といえば、知り合いの伝手(つて)を辿って、落語家を紹介してもらい、落語家の提示する価格に合わせて調整をし、終わったあとにはお礼をし、後援会に入ったり......etcなどと、じっくりした付き合いが前提でした。
もちろんその良さもあります。信頼関係が生まれますし、何かという時に頼りになります。が、しがらみが生まれるのも事実です。

ですが、ネットで依頼ならば、気に入らなければ二度と依頼をしなければ良いだけです。実生活での知り合いの仲介などを挟まないので、あなたの社会生活に変な影響が及ぼされません!紹介者に変な気を使う必要がない。つまりあとくされがないんですよね。
気軽に頼めちゃうのがメリットです。

おわりに

ネットで気軽に落語家を出前感覚で呼べる時代。依頼しない手はないのではないでしょうか。
もちろん都市部に住んで入れば、それこそ気軽に寄席へ落語を聞きにいくことが可能ですが、地方の場合は話が別です。
それならばいっそのこと呼んでしまうというのも一つの手です。一人あたり安ければ数百円で呼べちゃうので、まずは気軽にお見積のお問い合わせはいかがでしょうか。

お見積り/お申込みはコチラ>

あわせて読みたい 

rakugo-haken.hatenablog.com

rakugo-haken.hatenablog.com